ノリスケのフォト日記

僕の日常や周りの自然を写真や動画で日記風に表現 野鳥やチョウのほかに日曜大工や家庭菜園など 日常の生活を皆さんと共有したくて作ったブログです

カテゴリ: トンボ

今日は肩の痛みも軽くなって その分腰や脛が
全身打撲でしたが だいぶ良くなり普通に散策兼運動にも
数枚残ってた波板も カミさんについててもらい完成に
皆さんにはご心配かけました

KIMG4853
コルチカム 三か所にあったけどここだけに

RSCN2429
アキアカネ 黒い点だったのが赤く変わってます
これはメスかな

RSCN2433
翅を強調させるのに絞りをー1.5まで絞り込んで

RSCN2435
凄い直射日光浴びて 気持ちよさそうに休んでました

RSCN2441
これはオスです

RSCN2443
これはメスで何故か恥ずかしそうに

KIMG4852
手前の透明なのが古くなるとこのように 
おまけに何か所も穴が開き ちかじか張り替える予定
今日あたりお天気がよかったので でも無理できないので
来週あたりから始めようかなと

KIMG4851
今日は最後の数枚張り終えて L字にふさがって雨よけに
最後に雨どいを付ける予定です
ヒサシが有ると何かと便利ですよ

norisuke

日中は雲一つなくよく晴れて暑くなりました
それでも日向でも作業出来て 暑さが違いますね
今日も一日ヒサシの骨組み作りを 疲れました

RSCN2219
ツリフネソウもまだ健在です

RSCN2245
又マユタテアカネの交尾です
二日続けて出会えました 上の赤い方がオスです

RSCN2246
しっかりと押さえてますね
こうなると近づいても逃げないです

RSCN2247
見方によってはハート型にも見えますね

RSCN2226
やはりマユタテアカネのオス 別の個体です

RSCN2228
おかしなポーズ 決まってますね

RSCN2230
ぐるりと移動しながら撮ってます

国道自転車に乗ってても凄い数の赤トンボが飛び回ってますね

KIMG4845
西側と北側にヒサシを その骨組みが完成し
時間あったのでポリカーボネート波板を二枚だけ張りました
皆グリーンで統一してるけど 一か所だけ明るい色に遊び心で

norisuke

今我が町に緊急避難警報が出ました
幸い僕のところは出なかったですが
それでも今外は雷雨が凄いです
マユタテアカネの交尾が見られたので載せますね

DSCN2263
散策コースのよくオニヤンマ追いかけてたところに咲いたヒガンバナ
この株だけでだんだん増えていくかな

RSCN2282
マユタテアカネの交尾 道路の反対側で
一瞬に交尾して 僕の前を飛んでいきこの葉に
上の赤色がオスで 下側がメスです

RSCN2280
ヒメアカネの仲間だけど胸側面の模様で区別付けます

RSCN2278
この胸側面で大体は見分けがつきます

RSCN2267
マユタテアカネのメス 上の個体とは違いますが
時間が立つと翅の外側に茶色い模様が付いてきます

RSCN2262
これは付いてないでしょう まだ若いんですね
これが成長してくると上のようになります

RSCN2259
これがオスです 翅の点が黒から赤に変わってきます

RSCN2257
トンボは成長しながら変わっていくので
見極めるときに考え込んでしまいます

今からNHKで明石家さんまプロデュースの「肉屋のにく子」
見てから訪問しますね 西加奈子の原作で面白かったですよ

norisuke

今日も暑かったですね
今日はセメント作業なので 暑くても晴れたほうが良いかなと
10時半には終わったので 散策兼運動にも行ってきました

RSCN1876
オオセスジイトトンボのメスだと思うのですが(9/11撮影)

RSCN1885
初見のイトトンボで 敷地内で発見

RSCN1872
近くに水場がないのに何でいたのか不思議です

RSCN1887
メスなので卵産みつけるのかな

KIMG4782
今朝取りの三回目のキュウリも順調に収穫出来てます

KIMG4763
勝手に発芽して一応はスイカ
ミニトマトと比べても小さいのが分かるでしょう
時期外れなので無理かなと

KIMG4783
でも出来てました それも甘かったです
超小玉スイカに 皮は包丁で剥いて

KIMG4784
セメントこね 体力無くて混ぜ合わせるが大変でした

KIMG4786
ヒサシの柱を取り付ける束石をコンクリートで固定

KIMG4787
煉瓦で囲った通路もショベルカーで作業してて
かなりへっこんだので セメントで平らにしました
二時間の作業堪えました 丸椅子に座りながらの作業

もうコンクリート作業は無理かな 暑いせいもあったのかも

norisuke

今日は暑くなりましたね まだ9月半ばこれが普通ですね
早めに散策兼運動に行き リホーム材料買い出しに
以前なら3万ぐらいだったのが6万円と正に倍になってました
もちろん電動丸鋸やポリカ波板なども


RSCN1980
またまたツリフネソウですが

RSCN1970
見かけるとどうしても撮りたくなります

RSCN2008
ナツアカネもだいぶ色づいてきました

RSCN2021
やたらとお尻を立てて 絵になります

RSCN2019
最後はこれでもかというくらいに

RSCN1904
これは頭まで色づいて

RSCN1943
アキアカネのメス

RSCN1941
メスは目立つ必要が無いからか赤くなってません

RSCN1910


RSCN1906

これはオスですね まだ左程色づいてないです
かなり個体差がありますね

ほんと木材の高騰には参りました でも安くなる見込みは無いので
仕方ないですね そういう時代なのだと

norisuke
















このページのトップヘ