ノリスケのフォト日記

僕の日常や周りの自然を写真や動画で日記風に表現 野鳥やチョウのほかに日曜大工や家庭菜園など 日常の生活を皆さんと共有したくて作ったブログです

カテゴリ:

曇り空で割と涼しく 午前中は散策挟んで野菜の手入などを
午後は日も差してきたので ノンビリと
母屋の前の庭がジャングルになってたので
数日かけていらない木を伐採したりしてスッキリと

RSCN1324
年々センニンソウが増えてきてます 藪の手入が行われてない証拠

KIMG4642
それでも良い花ですよね
以前のブロ友さんのお母様が好きだった花で 
時期になると思い出します

RSCN1322
ただ以前から比べると密集して その分花が小さくなったような

KIMG4644
散策コースで見つけたカズラ類の実かなと

KIMG4645
まだあちこちにクサギの花が いい香りがしてます

RSCN1270
ユウレイセセリ 今年はセセリチョウも出会いが少ないです

RSCN1268
チャバネセセリ 裏翅の白点で区別してます

KIMG4647
ホテイソウの花 毎日別の株から咲いてます

午後は雨の予報だったけど 今は日差しが強く
蒸し暑くなってきたので エアコン付けました

norisuke

今日はまた昨日までと一転して一日肌寒い小雨模様
それでも雨の合間をぬって散策兼運動へ
霧雨程度ぐらいな行うようにしてます カメラは持たず
スマホだよりです

KIMG4229
我が家のウツギも一気に咲きだした
花数が多すぎて 小ぶりの花になってました

KIMG4223
山ではスイカズラが見頃に

KIMG4215
ホタルブクロも雫一杯に

KIMG4214
小雨ぐらいなら頭上を雑木の葉が生い茂って濡れることも無く

KIMG4219
蜘蛛の巣も雫が有ると楽しいものです

KIMG4225
なんでこんなにキノコが

KIMG4211
雑草の穂が雫の重みで

KIMG4210
薄い板をこのように曲線カットして

KIMG4227
P活動で使う樹木用の名札作りました

KIMG4209
一足早い父の日プレゼントを息子夫婦が うれしいものです

今日はユニットバスをメーカーさんが来て組み立てを
いそが無いので少しづつ進んでいきます

norisuke

今日も朝から秋空が でも気温はあがり
外の作業は朝のうちだけに
葉物野菜の間引きなどをしてから治した自転車で散策へ
帰りに寄り道してソバの花などを

DSCN1753
地元のソバ畑 常陸秋そばのブランド名で結構知られてます

DSCN1761
奥に見える二つのこぶは以前載せた月居山

DSCN1754
中には背丈が高いのも 僕は低いのでうらやましいです

DSCN1752
トンボ探したけど出会えず やはりバッタばかり

DSCN1760
左側の尖った山は好きな生瀬富士

DSCN1742
アップするとこんな感じの岩山で
以前はよく登ってたけど 途中イノシシが多くて

DSCN1743
もっとアップに 凄い岩山で 頂上付近は鎖場でスリル満点
一度カミさん連れて行ったときは風が強く
もう二度と登らないと ・・・
登山誌で紹介されてからは登山客も増えて
右側の峰を下って行くと袋田の滝へ

たまには散歩コースから外れるのも良いものですね

norisuke


今日は朝から雨で 良い骨休めに
午前中は法華経の中の自我偈を書き
写経文字(旧漢字)の見直しなどを
幾つか間違いを発見 たまには見直しも必要ですね
今回も昨日のヒガンバナの続きを

DSCN1724
白花もありました 赤との対比を

DSCN1722
白と言うよりも黄色かな

DSCN1719
これは白に近いですね

DSCN1720
微妙な色の違いも面白いです

DSCN1725
白花は堤防の下の方にまとまって植えられてて
全て上からのメセンになってます

RSCN1709
もちろんちチョウもいないかなと ヤマトシジミでした

DSCN1726
コスモスとのコラボ やはりヒガンバナ単独よりは
一緒の方が絵になりますね

ここから車で5分くらい南に行くと
水戸黄門の別荘「西山荘」に行けますよ

今は雨止んでるけど 夜にかけて強くなるみたい
何処も被害出ないと良いのですが

norisuke

朝からドンヨリと曇り空だったけど
朝の作業と散策兼運動おわしてから
常陸太田市で話題になってるヒガンバナの群生地を

DSCN1705
山田川の堤防いっぱいにヒガンバナが
ぽつぽつ観物人も ここだけ稲刈りのされてなく

DSCN1702
ヒガンバナはやはり稲の穂とのコラボが一番合いますね

RSCN1729
ここだけわざと稲刈りしないのかな

DSCN1710
両側の堤防いっぱいに まだ少し早かったけど
満開になれば すごい迫力だろうな

DSCN1711
河原ではコスモスとのコラボも
みな地元の人達のボランティア活動で維持を

DSCN1712
時折背の高い株も そんなのを楽しみながらブラブラと

DSCN1713
時には目線を変えて やはりバックは黄金色が合います

DSCN1727
地元の人が説明してくれてました

DSCN1703
満開になるとこれがびっしりに

次回は白花なども載せますね

このように管理されてるところは見ごたえがあるけど
田の畔道などは除草されてなかったりして
いまいちだったのが残念でした

norisuke




このページのトップヘ