ノリスケのフォト日記

僕の日常や周りの自然を写真や動画で日記風に表現 野鳥やチョウのほかに日曜大工や家庭菜園など 日常の生活を皆さんと共有したくて作ったブログです

カテゴリ: 野鳥

今日も肌寒い日で それでも午前中は降らなかったので
ソラマメ畑を片付け その周りを除草
降り始めたので何か月ぶりかに温泉へ
何と休閑日でした 別の所に居く気もしなく
昼飯食べてそのまま帰宅 道の駅といい休みが増えました

DSCN3729
我が家のヒノキ(木曽のヒノキ)の先端にアオゲラが
今年もやってきました 三年目です

DSCN3727
天気も悪く枝に隠れてるけど
独特の鳴き声で 

RSCN3734
まるっきりの証拠写真ですが
この木の下の方にシジュウガラの途中放棄した巣箱があります
そろそろ掃除して次のシーズンに備えなくちゃ

KIMG0551
アジサイにホウシャクガ

KIMG0553
遅れてたアジサイも徐々に見られるように

KIMG0554
今年はピンクが多いです
アジサイは沢山あるので少しづつ載せますね

近場の行きつけの温泉は7月にならないと再開しないので
もう少し我慢です まだ術後の内出血痕取れ切って無いので
行けなくても仕方ないかなー

norisuke

今日は雨になる予想だったので
残ってたベランダの手すりを仕上げました
座りながらの作業なのではかどりませんが
ベランダの座板の一部が傷み始まり
今度はペンキ塗りが待ってます
今日は数日前に出会ったツバメなどを

DSCN3679
庭の真上にスバメが二羽
暫くいて親鳥も来たりしてたので雛かも

RSCN3683
ほんと真下から見上げてます

RSCN3676
姿をよく見かけてるので 近くに巣があるみたいです

RSCN3675
飛ぶ練習でもしてるのかな

RSCN3674
毛づくろいは大事な作業です

RSCN3653
コガネムシのラブラブショット
ナツジオンかな

RSCN3657
花アブもいました
アブは胴のくびれが無いので蜂と区別がつくように

何か寒い日が続いてます
今は長袖の上に冬のベスト着てます

norisuke

雨は降らなかったけどドンヨリト
暑いよりはいいですね 屋敷周りの片付けや
種まきなどして 早めに散策へ
身体が全然苦しくならないので自転車も颯爽と
ただ極端な無理はできないので 今まで道理の動きですが

RSCN2968
強風に耐えるホオジロ君 昨日の映像です

RSCN2963
それにしても一気に つむじ風かな

RSCN2962
僕のほぼ真上にいました

RSCN2971
盛んに鳴いてるけど 数年我が家の周りに居るホオジロ君なら
今年もお相手が見つからないような

RSCN2966
アーアー風が身に染みるなー

KIMG0471
以前ガビチョウが水浴びしてた水槽にスイレンが
メダカもいたはずが ガビチョウに食われたかな

せっかく治していただいたので
できるだけ長生きしなくちゃと思うようになりました

norisuke


刻み場で作業してたら目の前にガビチョウが
水分補給や水浴びを この上にシジュウガラの巣箱があるのに
いくらなんでも抱卵がこんなに時間かからないし
途中で抱卵を放棄したようです
このガビチョウが原因ではないだろうけど ガッカリです

RSCN2820
ガビチョウの水飲み あまり好きな野鳥では無いけど・・・
なんとカップルで行動してました

RSCN2821
羽根が濡れてるのが分かるでしょう
隣のにあるもう少し大きなポリバケツで盛んに水浴びを
この日は数日前の暑い日でした

RSCN2822
意外と神経質な鳥だけど小屋の中からで気づかれてなく
鳴き声が大きく でも冬は鳴かないんですが
冬うるさいヒヨドリも夏はガビチョウに押されてか静かです

KIMG0455
昨日のサボテンの花の隣にあったやはりサボテンの花
一センチにも満たない小さな花で対照的でした

今日もかなり寒くはんてん着て半日ジャズライブを
ニューポート・ジャズフェスティバルで
ダイアナ・クラレのボーカルとピアノを聞いてました
やはりライヴはノリノリですね
昔は歌舞伎町のピットインなどでライヴ聞いてたのですが

norisuke




橋から覗いたらカルガモが二羽
泳ぐ足かきが面白かったので

DSCN2120
スズメが餌を咥えて暫く鳴いてたのは
ヒナの巣立ちを即してたんですね

DSCN2121
我が家のシジュウカラのオスも餌を運んできて

DSCN2122
メスも巣箱の中で待ってたのですが

DSCN2123
この後餌を落としてしまい
具合が悪かったのか 鳴かないで巣箱の近くまで
ほんと僕みたいにおっちょこちょいなオスでした
ただまだ抱卵中が確認できただけよかったです

今日も沢山のチョウに出会えたけど
また次回に載せますね

norisuke


このページのトップヘ