またロケットさんの詩お借りして作ってみました
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     西の空の太陽は
     僕を嵐だと言った・・・
 
            東の空の太陽は
            僕を雨だと言う・・・
 
イメージ 3 僕は西の空の太陽が
 ずっと好きで
 朝も夜も眺めていた
 
 でもある日
 僕は西の空の太陽の
 夢と憧れを知った時に
 背を向けることになった
 
 
 
イメージ 4
 
     振り向いた先にいたのは
     東の空の太陽・・・
 
         なぜか心が安らいだ・・・
 
             少しずつ東の空の太陽に惹かれ
             好きになっていった・・・
 
イメージ 5
 東に向かって
 歩みだそうとした時
 風が西の空の太陽が
 泣いてますと・・・
 
 僕は迷い立ち止まり
 心が揺れている
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      西の空の太陽も
      東の空の太陽も
      両方が好きなんだと気が付いて・・・
 
            西も東も進めないままの
            複雑な心歩き・・・
 
イメージ 8
 
    取り止めも無くまとめてみました
    ただ自分に帰ってくる
    考えさせられる詩でした
 
                             詩 : ちぐまやロケットさん
                           写真 :  norisuke