ノリスケのフォト日記

僕の日常や周りの自然を写真や動画で日記風に表現 野鳥やチョウのほかに日曜大工や家庭菜園など 日常の生活を皆さんと共有したくて作ったブログです

2024年06月

今日は雲ってる割には蒸し暑く やっと今の季節らしく
町の健康診断があり 母校に検診に行ってきました
今は予約制でけど それでも時間がかかりました
その前に散策には行ってきました
KIMG8217
また木の実特集で クマイチゴ
どうやらクマの好物らしいです 
KIMG8228
バラ科なので棘が出てます
KIMG8227
ヒメウツギの実 花が沢山咲く分 実も多いです
KIMG8215
サルトリイバラ 面白い実の付け方です
もう終わってる実もあるので 来年は早いうちから撮ろうかなと
毎日同じところを歩いてても 新しい発見が沢山あります
DSCN6596
多分ノビタキかなと これも初見です
RSCN6598
似たような野鳥が多くて 間違ってるかもしれません
KIMG8225
昨日はブタハツと焼き鳥のネギまを
ハツが大きかったのでナイフで半分にカットして
材料はカミさんが仕入れてくるので その時に炭火で焼いてます

norisuke





早朝に念願の雨が降ったけどすぐに止んでしまい
お湿りに成らず 今はまた30度越えのカンカン照りに
ブログ終わったらまた水撒きするようです
今日の散策では色んな木の実があるのに関心がわきました
KIMG8218
遅咲きのホタルブクロにも雫が
KIMG8220
変わった実が付いてるので ヒメコウゾの実でした
KIMG8222
アップで見るとこんな感じで 棘みたいなのが沢山
KIMG8221
それが熟してくると赤く 食べれるかは不明ですが
この他にも色んな木の実が 徐々に載せますね
RSCN6587
ミヤマカワトンボのメス
RSCN6588
特徴的な翅の色で分かりやすいです
RSCN6589
オスにはよく出会っているけど メスは珍しいです
RSCN6590
ぐるっと回りこんで撮ってみました

今日も七輪で ただ誰も居なく一人炭火焼です

norisuke

昨日よりは涼しかったけど やはり30度越え
それもカラカラで 水やりが大変です
この暑さでゴーヤやオクラみたいに暑さを好む野菜も
成長しだしてきました
KIMG8180
ジャンボニンニクとチドリ草
畑に邪魔になるので刈り取って ペットボトルの刺しておきます
DSCN6470
モンキアゲハがカワラナデシコの花に
DSCN6471
毎日夕方になるとやって来て 何と今は眼の前にいます
DSCN6474
この時よりもだいぶ翅の痛みが目立ってるので
DSCN6476
なんと今はもっと近づいて直ぐ近くまで来てます
ただこう痛んでると撮れないですが
DSCN6481
ナデシコもビッシリ咲いてます ここまで大株になると
カワラナデシコではない感じです
KIMG8213
昨日は味付きのタンだったので 急きょフライパンで
ただ網焼きの時よりも火力を強くしてます
意外と火力調整も出来るんですよ

norisuke

今日はほんとに暑いと感じました 我が家でも33.5度になりました
ほんと何も出来ず それでも散策兼運動だけは行ってきました
このところの暑さで野菜にも影響が出てるみたいですね
今回は七つ洞で見たジキタリスとホオジロの幼鳥を
KIMG8187
七つ洞のイングリッシュガーデンで一番多く咲いてたジキタリス
KIMG8189
色んな色がありました 名前はよく聞くけど見たのは初めてかなと
KIMG8190
庭に咲けば見ごたえがありそうですね
DSCN6511
多分ホオジロの幼鳥かなと 暫くここにいました
DSCN6512
僕も動けず 日向でジッとしてました
DSCN6513
この前は地面を行ったり来たり 餌が採れたのか
沢山撮ったけど カメラのピントがいまいちで殆どダメでした

KIMG8212
我が家の万願寺唐辛子 奇形が凄いです
やはり高温と水不足から来てるのかも

norisuke


久々にP活動に行ってきました 曇り空で作業しやすく
ただ草の伸びるほうが早くて たまの活動ぐらいでは追いつかないです
KIMG8207
今回はポピーとのコラボを
ポピーもそろそろ終わりになってきました
KIMG8206
雑草とのコラボも今らしいかなと
KIMG8204
アザミが美しかったので
KIMG8205
ところどころにハマカンゾウが
KIMG8210
草原広場ではネジバナが沢山咲いてました
昔は白花探しなどしてたんですが
KIMG8203
P活動の僕の作業は今のところ
枯れた木や邪魔な木の伐採がメインです
KIMG8208
大草原というコーナーではポピーが色鮮やかに
ネモヒラが合った見晴らしの丘ではコキアが植えられてました

帰りはHSで目の保養を そう見るだけで買わないですが

norisuke

このページのトップヘ