ノリスケのフォト日記

僕の日常や周りの自然を写真や動画で日記風に表現 野鳥やチョウのほかに日曜大工や家庭菜園など 日常の生活を皆さんと共有したくて作ったブログです

2023年01月




シガの流れを動画で撮ってみました
北海道以外では茨城の久慈川だけの現象です

DSCN5284
今朝も-7度 でもこれくらいでさほど寒いと感じなくなりました
散策コースの雪道 自転車のタイヤのわだちで
向かって左側が昨日ので 右側が今日の跡です
このように新雪の上だとスリップはしないです

DSCN5029
すぐ間地かでノスリに 通常はこの距離までは近づけないのですが

DSCN5030
雪の日で獲物が採れないのか 全然逃げようとしないで

DSCN5032
トリミングしてない画像ですよ

DSCN5035
この場所は何時もの山ではなく人家の近くです

DSCN5038
道路以外は真っ白の世界になってます

DSCN5039
仕方なく飛び立ったけど 電柱一本分だけ
獲物が無く疲れてたのかもしれないです

DSCN5023
僕の好きな地元の生瀬富士が民放で紹介されました
よく登ってたけど 最後は鎖場です 
右側に降りていくと袋田の滝になります

norisuke




今朝も-10度近くあり寒さが続いてます
雪もまだだいぶ残ってて 雪大好きな僕は
午前中は殆ど外で なんと198枚も写真撮りました
昨日の入れると300枚越えで 編集が大変です

DSCN5064
シガと水蒸気 寒すぎるんですね

KIMG5654
今朝の庭 まだだいぶ雪が残ってます

DSCN4975
何時も出会うおばちゃんがここで雪かきをしてて
お話してる時にルリビタキのオスが

DSCN4976
ここが何時も出会ってるポイントで注意はしてたのですが

DSCN4981
おばちゃんがいたので諦めていたら すぐ近くに止まりました
ほんと数メートルですよ

DSCN4982
なんと立ち話しながら撮ってて 動画も回してました

DSCN4986
今日も綺麗に雪かきがしてあり ほんとありがたいです

昨日今日と枚数は沢山撮ったけど 半分以上はピントが合ってなく
そろそろこのカメラも限界かな

norisuke






昨夕からの雪で今朝は8センチも積もってました
朝から雪かきなど何年ぶりだろう -7度と冷え込んでたので
日が昇ってからゆくックリと雪かき
雪が積もると自転車で出歩きたく まだ子供です
動画は雪の中エサ探しのカシラダカ

KIMG5652
南天も雪の重みでかなりしなってて

DSCN4999
ホオジロ君は疲れたのか一休み

DSCN5000
バックは雪ですよ

DSCN5001
右見て左見て最後は正面向いて飛び立ちました

DSCN5009
やはり雪の中ではエサ探し大変なのか
アオジも日向ぼっこしながら一休み

DSCN5046
動画に乗せたカシラダカの群れ
これだけ積もってると食事探しも大変

DSCN5047
必死に枯草をついばんでました

DSCN5050
どうです咥えて引きちぎろうとしてるの分かるでしょう

DSCN5053
この畑後にはカシラダカとスズメの群れが 凄い数でした

屋根の雪もまだ解けてなく明日も寒いだろうな

norisuke

一日中どんよりと曇り空だったけど
昨日の寒さ経験すると-5度でも暖かく感じました
雪が残ってるのは知ってるけど散策はいつも通りに
昼からは刻み場で玩具作りに

KIMG5647
何時もの散策コースはこんなもの
踏まれていない雪は意外と滑らないので
自転車でも問題ないです
おかげで今日もすぐ近くでルリビタキに出会えました

DSCN4990
我が家に住み着いてるジョビオ君

DSCN4993
かなり膨らんでますが

DSCN4996
コンポストの上で

DSCN4909
此方は散策コースでジョビコちゃん

DSCN4910
やはり僕はジョビコちゃんの方が可愛くていいなー

KIMG5649
ポークジャーキー 一瞬の高温で多少は硬めだけど
いい味に仕上がりました 赤ワイン少なくしたけど
次回は白ワインか使わないで作ってみるかな
今つまみながら書いてます

norisuke





今朝は-12.5度まで下がり家の中もカチカチに
-11度までは確認してるけど 一番寒かったです
母屋の風呂の混合蛇口と台所の給湯器が壊れてしまいました
この寒さでシガが流れました 動画で載せたので

KIMG5643
家の前の道路 雪がキラキラと

KIMG5642
これは猫の足跡かな

KIMG5639
写経小屋の屋根のツララが朝日を浴びて

KIMG5635
枝にもツララのような

KIMG5633
これは昨日の夕方のツララの光景

KIMG5644
ウチワサボテンの上にも雪が

シガや野鳥の写真も溜まってるけどなかなか載せられなくて

norisuke

このページのトップヘ