ノリスケのフォト日記

僕の日常や周りの自然を写真や動画で日記風に表現 野鳥やチョウのほかに日曜大工や家庭菜園など 日常の生活を皆さんと共有したくて作ったブログです

2013年01月

 
     せっかくの休みが雪になってしまいました
     朝雨だったのが一気に雪に変わり
     つもり始めてきました
     今回は数日前にマタマタ登って来た
     奥久慈男体山の映像載せますね
 
イメージ 1
      これから登る男体山の西側からの眺めです
 
イメージ 2
      登山口ではなんとクロジが出迎えてくれました
       そう僕は登るだけではなく
       野鳥や野草など観察しながら
       ゆっくり登山を楽しみます
 
イメージ 6イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     今回は健脚コースからの登山でした
      左側を殆どが鎖場の連続でした
      久々だったので少々ビビリました
 
イメージ 8
      山頂にある男体神社です
       残念ながらまた富士山は見えずでした
       早朝でないと無理みたいです
 
イメージ 9イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     病気かな???            面白い名前・・・
 
イメージ 11
       帰り道の杉林のなか
        此処までくるとあと少し
 
イメージ 12イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  巨大な岩震災の爪あと          カミナリで倒されました
   枝で支えきれるかなー
 
イメージ 3
      下りの大円寺越え付近です
       この頃腹減ってました 
       近い山でもおにぎりは必要です・・・反省
 
イメージ 4
      登山口から見た隣の山 凄いでしょう
       でも反対から登ると意外と簡単です
   
イメージ 5
      登山口(大円寺)から見た
       南側からの男体山で左端から登り
       右側から降りてきた約四時間のコースです
       早い人は二時間で走破します
       僕はゆっくり山を楽しみながら歩きます
 
      又登山できるようになった身体を
       褒めてやりたいです 山面白いですよ
       本当はもっとなだらかな山がいいのですが
       奥久慈地方は岩山が主流です
 
                                 norisuke
 

 
     今日も北風強く寒い一日に・・・
     でも家でじっとしてられづ運動兼ねて
     何時もの川原へ散歩に行って来ました
 
イメージ 1
      向こう岸にアオサギが
 
イメージ 2
      ズームアップしてもこれが限界です
       今じゃ何処にでもいますね
       有害動物に指定されてます
       川が悪化してる証拠でもあります
 
イメージ 3
      杉林の奥に行くとこんな物が
       昔人家がありました
       あまり記憶がないけど川魚の漁師だったと
       思います
 
イメージ 4
      屋敷周りには土止め用の石垣も
 
イメージ 5
      沢の水をろ過して飲料水にしてたんですね
 
イメージ 6
     金山の沢の氷
      四月になるとヤマメ釣りします
      今の時期水少ないです
 
イメージ 7
 
イメージ 8
     凄いツララ見つけました
      奥の岩はえぐれてて昔コオモリが
      住んでました
      このツララも金山沢の一部です
     この辺一帯に何軒かの屋敷跡があります
      むかし金で一攫千金を夢見た人たちの
      想いが伝わって来そうな散歩でした
 
     寒いので今から温泉にいってきます・・・
 
                                norisuke
 

 
      我が久慈川の真冬の風物誌のシガ(氷河)
      流れましたまだ始まったばかりで
      本格的に流れるのはこれからです
      昼から生瀬富士登ってきました
 
イメージ 1
      昨シーズンも載せましたが
      -8度以下の日が数日続くと流れるシガです
      日本では北海道の一河川とこの久慈川の
      二箇所でしか見られない珍しい自然現象です
 
イメージ 2
            このようにサーベット状の氷が流れます
     上流で水中の石に出来た氷が剥がれ流れるのです
 
イメージ 3
      白く光ってるのがシガです
 
イメージ 4
      畑も春の準備始めました
       作業の合間にまだブルーベリーの葉が
       キラキラとついパチリ
 
イメージ 5
      川への散歩で通称「かぶり岩」
       いつも水面から出ることの無い岩です
       ガキの頃 夏休みは毎日この岩の周りで
       遊んでました
 
イメージ 6
    昼過ぎは近所の生瀬富士に登りました
     標高450メートルで低いですがラスト百メートルは
     岩山でロープとくさりが続くスリル満点の山です
 
イメージ 7イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     凄いでしょう見た目より凄いです
      久しぶりだったのでビビリました
      ここも子供のころからの遊び場でした
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      山頂からの眺めです
       殆ど垂直に切り立った崖の上です
 
      ほんと最近休みの日は山に登ってる
       凝り性者です
       体力が付いたのが最大の理由ですね
                                 norisuke
 
 

 
      風強かったけどどうしても
      男体山登りたくカミさんと行って来ました
      震災前に登ったきりだから二年ぶりです
      そう初日の出にも登場してるお馴染みの山です
 
イメージ 1
      登山口から眺めた男体山です
       さー張り切って登るぞー
 
イメージ 2
      何故か何時もの写真
       冬のこの裸木見たくて山に登るのかも
 
イメージ 4
     又太陽入ってしまいました
      でも本当はクモノス状の枝表現したかったのです
 
イメージ 5
     ずっとこの青空ついてきました
      立ち枯れ目立ちます
      十年ぐらい前に大規模な山火事があったのです
      
イメージ 6
    で震災で崩落
     一時入山禁止になってました
 
イメージ 7
     なんにみえますか
      ムンクの叫びが頭をよぎりました
 
イメージ 8
      山頂の看板
       正確には653.9Mです
       ようこそ我がふるさとの代表的な山へ
 
イメージ 9
      ここがボクの山頂です
       この先は直角の崖です
 
イメージ 10
      山頂から眺めた筑波山です
       この左側に富士山が見えるはずだったんですが・・・
       なんと三十分前までは見えてたみたいです
       カミさんがもっと早く用意してたら見れたかも 残念
 
イメージ 11
     なんかの穂 光に輝いててついパチリ
 
イメージ 3
      最後に山頂を振り返って
       この後ものすごい強風で冬の山体験できました
 
      この男体山は岩場と急登の連続で
       標高のわりに人気のある山です
       なんとそんな山を息も切らさず
       普通の道路のように登れました
       スロージョギングで知らず知らずのうちに
       鍛えられてたのでしょうね
       今年は登山の写真多くなるかもですね
 
      訪問遅れてます ご勘弁を
                                  norisuke
 
 

 
   あけましておめでとうございます
    今年もよろしくお願いします
 
イメージ 1
 

 
イメージ 2
       2013 元旦 AM07:23 
        今年の初日の出です
 
イメージ 3
      何時もの男体山からの初日の出です
 
イメージ 4
      今年も同じような写真の予感
       真っ白い霜の白銀の世界でした
 
イメージ 5
        ちなみに日の出前のお月様も
      クッキリと 雲一つ無い穏やかな
      正月が迎えられました
     一年この様な年である事を願ってます
 
                                norisuke
 
 
                                 

このページのトップヘ